EZOT 蝦夷辞林 蝦夷の前に見とく 祭太郎に聞く ライジングを巻き続けた男

見とくトップ

多分、見ておくと若干役に立つかもしれないコンテンツにようこそ。
一応、皆勤賞の人の体験に基づく内容となっております。
あくまでエゾオア個人の主観でございます。










1.RSRってどんなフェス?

今や日本には数多くのフェスが存在する。飽和状態。
そんな中でもRSRは北海道の広大な大地を生かし、何もないところでオールナイトで行われる素晴らしいフェスである。
石狩湾新港という普段は働く車(トラック)とキツイ人たち(走り屋)しか行かないような場所である。決して富良野みたいな大自然ではない。綺麗なところでもない。どちらかというと荒地。荒れた空き地。ただ本当に何もない。
そんな場所に1年に3日間だけ音楽好きが集まる村ができる。
さてどんなフェスか。

◆「寒い」
これだけは本当になめない方がよいです。8月なんて「夏」真っ只中だから…とTシャツとハーフパンツのみで来る人も中にはいますが、蝦夷の夜はすぐ側の海から吹く風などもあり、かなり冷え込みます。ましてや日中、いいだけ騒いで汗かいて体力落ちてるところに、あの寒さは本当に酷です。
私もかつて真夜中のゆらゆら帝国を新聞紙を体に巻きながら横になって通路で遠めに見ている女子を見たときには、蝦夷は生半可な気持ちでは参加できないと悟りました。
近年は夜の寒さも幾分和らいできた気もしますが、必ずパーカー、フリースなどは持ってきてください!!
ちなみに会場内で古着屋なども出てたりしますので最悪そこで調達してください。

◆「会場」
会場内はサンステあたりがゴホゴホして、アースあたりがムンムンして、レッドあたりがクサクサしてて
ムーン(レインボー)あたりがドゥンドゥンして、デフあたりがギャンギャンしてて、ボヘミアンあたりがユラユラしてる感じです。
っていう抽象的な説明では若干足りないので補足すると、まず入場前に駐車場から荷物を運ぶのがまずしんどいです。R30はこれで一日分のエネルギーを消費してしまいます。 この道中も会場内も決して道がいいとは言えません。ちっちゃなキャリー買ったから大丈夫!と思っていても逆に砂地にはまり、大混乱もありえます。こんちくそーとばかりに積載するのは控えましょう。まあ2往復も辛いですが。

◆「食」
会場内ではたくさんの出店が並び、そこそこ美味しい食べ物が食べれます。毎年常連組みの店はケバブ、ラーメン、ジンギスカン丼、ラーメン、ジンギスカン丼と…正直私的には同じ類が多いような気がします。
こういうイベント系の出店にしては良心的な価格で食べれるので食費はそんなにかからないと思います。酒類除く。私は下戸なので酒類については多くは語れませんが、蝦夷会場内で最も飲まれるであろう飲み物は毎回数本飲んでいます。
それはポカリスウェットです。アーステントの公式スポンサーということもあり場内にはポカリ補給所が随所にあります。ライブで暴れた後のキンキンに冷えたポカリは200円以上の価値を見出すことでしょう。
また、場内にはローソンやサンクスなどコンビニが出店してますので弁当・からあげくんも食べることが可能です。
最近はすぐ「きゅうりの一本漬け」を買ってしまいます。
一番人気は「イチゴけずり」でしょう。タイミングが悪いとアホみたいに並びます。もしも会場で食べそこねたら、札幌市内にお店がありますのでそちらでどうぞ。

◆「居住性」
テントサイトは今年は会場内テントサイトの「ヘブンズ」、BOHEMIANエリアの「フォレスト」、あとは駐車場付の「オートキャンプ」と3種類になりました。
どのテントサイトが良いのか。
「ヘブンズ」はサンステはアースのあるエリアで一番人気のエリア。このエリア中心にライブを見る人には最適でしょう。周りには出店もたくさんあります。2012年からエリアが大幅にレイアウト変わってしまったので僕もいまいちまだ掴みきれていません。ヒグマ等の”動物エリア”とホタテ、トウモロコシなどの”海産・農産物エリア”に分かれています。アース狙いの人は後者が良いと思います。
「フォレスト」はこれぞキャンプという雰囲気の場所です。サンステエリアからは軽いハイキングをしないと行けない距離ではありますが、ヘブンズよりも静かに寝ることが出来ると思います。地面は芝生とは言えない雑草が生い茂っていて天然のクッションになるかもしれません。BOHEMIANエリアなので、こちらよりにライブを楽しみたい人には本当に良いサイトとなります。言うならばディズニーシーで言うホテルミラコスタ。
テントサイトチケットは毎年激戦です。しかしながら、RSRを100%楽しむのならテントサイトは抑えておいたほうが良いでしょう。但し、必要以上にサイトを確保するのは個人的に好ましくないと思っています。

◆「諸々」
毎年2日目の朝には毎日新聞が配られたり、蝦夷会場内限定の新聞が配られたり(1日目に写真とって次の日には掲載!)
ドコモなどの携帯ブースではいろいろもらえたり、充電できたり。JOYSOUNDブースではカラオケ大会やっていたり、若干足を入れるのをためらう足湯があったりもします。いろいろなライブ以外のブースもあるので始めての人はそれだけでも楽しいと思います。
会場内の何処かにはウサギを被った半裸の男が太鼓をたたいているはずです。それが蝦夷名物「祭太郎」です。

◆「蝦夷に関わらず」
楽しくないことも記しとかねばならないと思う。蝦夷だけに関わらず野外フェスにたまに見受けられる人。ライブ中携帯でアーティストを撮影している人。正直、その写りの悪い写真や音の割れた糞ムービーを後から見て何が楽しいのか全くわかりません。
もちろん違反行為ですし、周りの人は不快です。そういう人に限って全く罪悪感がないのも特徴です。通常のライブに有るカメラチェックはRSRにはありません。それはフェスでたくさん思い出の写真を撮って欲しいからだそうです。決してライブ中の写真を撮っていいという訳ではありません。
ライブ写真ならプロが撮ってくれます。ライブ映像ならこれまたプロがきれいに撮ってくれます。それを後で見た方がどれだけ楽しいか。
携帯構えるぐらいなら、体動かしてライブを自分の目で見た方がどんだけ楽しいか。
人が多いと色んな人がいます。とりあえずライブ盗撮、痴漢はダメ。絶対。



2.何を持ってけばいいの?

基本普通のライブ行く持ち物とキャンプ行く持ち物でほぼ大丈夫かと。
蝦夷ならではの持ち物はとにかく防寒具です。
それでは個人的な持ち物リストを。あくまで個人的なので参考程度にしてください。
10年以上通い続けて必要最小限になってしまいました。

●着替え(Tシャツ多目)●防寒具(パーカー、フリースなど)●テント●寝袋●テントの中のマットの下に敷く新聞紙(湿気防止)
●タオル(毎年増えていくタワレコタオル複数枚)●パスケース(財布はかさばる)●救急セット(すぐ下痢するから正露丸含む)
●ウェットティッシュ

あれ、こんなもんです。何か他の人より足りないのかもしれないけど…
ちなみにキャンプの定番のゴミ袋は会場内で大量にもらうことができるので持って行きません。



3.重要だね。トイレの話

2007年に大問題になったトイレ。多くは語りませんが要は人数にトイレの数が見合わなかった事。汲み取りが追いつかなかった事が要因で生き残った数少ないトイレに長蛇の列を作ることとなったのです。
2008年からは数の確保、汲み取り回数増加、水洗トイレを一部設置と対応をしてくれており、あれ以来は目立ったトイレ不足は起きていません。
が、実は客にも出来ることがあると思うんです。飲食を我慢スレ!とは思いません。それも含めて野外フェス楽しいですから。
じゃあ何ができるのでしょうか?

◇必要以上の紙を使わない。
◇音聞かれてもいいじゃない。いつもみたいに流しながら用を足すのは辞めましょう。とはいえ流しながら用を足すのは物理的に脚が引きちぎれる体勢になります。
◇必要以上の水を使わない。(男子の小便は男子専用で!汚い話、通常トイレで小便のみした場合は流す必要ない、勝手に流れるから)

これ意識するだけで結構トイレ持つと思うんだけどなー。基本トイレの弁が「ベコンッ」ってなって汚物が落ちたら水なんて流さなくても同じ気がする…
不衛生かもしれませんので断言はしませんが。
フェスが進むについれて、次々とトイレに「使用禁止」の張り紙がされていきます。これは糞尿を貯めるタンクが一杯になったということ。汲み取れば復活します。
トイレって、実は一番大切だったりします。ここが快適に使えると使えないでは楽しさが変わってきますよね。



4.こちらも重要。お風呂の話

2泊3日。砂埃と汗まみれ。

「ずっとお風呂入れないなんて、アタシ無理!!!!」

そんな方も大丈夫。蝦夷では毎年2日目の朝6時くらいから10時の間に会場からバスで近郊のお風呂に連れてってくれます。もちろん帰りも会場に送ってくれます。ただ毎年だんだんとこのお風呂チケットも人気になり、発売後即売り切れになってきました。特に女子。
僕も「蝦夷は朝日昇るまで蝦夷なんじゃ!途中で会場出たりするかい!!」などと訳のわからないコダワリを持っていたのですが06年にこのお風呂チケットを使ったら「あぁ疲れが取れる…大きい風呂。みんなビザバンドつけてる…いいなぁ」と一瞬で考えが変わったのでお金に余裕のある方は利用してみるのは大いにアリでしょう。

では、そんな人気のお風呂チケット取れなかった人はずっとベタベタの汗クサなのかというと、そうではありません。
会場内には有料シャワーなるものが毎年出店しています。10分500円くらいだったと思います。僕はこれを利用しています。会場内なので手っ取り早くスッキリするには一番です。但し、シャワー室には時計がないので残り何分かわからずドキドキしながら体を必死に洗うので「間もなくでーす」と言われてめちゃくちゃ焦りますけれども。
しかし!これまた大人気。たった数室のシャワーじゃあ予約だけでいっぱいいっぱい。しかも予約が遅いと希望の時間に使えない。某ディズニーシーで朝一でトイ・ストーリー・マニアのファストパスとったのに「え!?乗れるの夜かい!!」見たいな事です。
今の例えはわかる人だけでいいです。

じゃあじゃあ、そんな大人気ばかりだったら取れなかったら死ねってか!おいこの野郎!
落ち着いてください。指定の時間を除き一応駐車場の出入りは自由です。(でも停めておいた場所に戻りたいからと物で場所取りはやめましょう、いやほんと一番イラッとする)
近隣にはいくつか温泉施設があります。予定を立てて車で行くのも一つの手段です。
絶対飲酒運転はだめよ!



5.せっかくの北海道だもの、美味いもの食わせろ

北海道のフェスと言うことで本州からわざわざ来る人たちは北海道を少しでも味わって帰りたいと思っていることでしょう。
そこで簡単に個人的なおすすめを書いておきますね。
北海道人の有志は情報あったら教えてください。追記していきますから。

◆ジンギスカン
「さっぽろジンギスカン」
札幌市中央区南5条西6丁目松田釣り具店2F
TEL 011-512-2940
17時-21時30分(売切次第閉店)
→カウンターのみの店舗で並んだりもしますが、下手にビール園とか某だるまより本当に美味しい。本当に。
サイドメニューのねこまんまも是非食して欲しいです。野菜も美味しい。ちなみに場所はすすきの。


◆寿司
「とっぴーエスタ店」
札幌市中央区北5条西2丁目札幌エスタ10階
TEL 011-209-5330
11時-22時
→一番美味しいとは言わないが、札幌のスタンダード回転寿司。安いです。道外の人に札幌スタンダードを味わってほしい。

「根室花まる」
札幌市中央区北5条西2丁目JRステラプレイス6階
TEL 011-209-5330
11時-23時
→JRさっぽろ駅直結で道外の人も行きやすいし、かつ激ウマの花まるを推しておきます!ここも並んだりしますがその価値はあると思います。


◆ラーメン
好きすぎて書けません。
知りたい方はTwitterなどで直接聞いてください。
ちなみに札幌大通にはオススメしたいところは個人的にはありません。


◆おみやげ
「きたキッチン」
札幌市中央区南1条西2丁目丸井今井地下2階(厳密には地下2階から地下街オーロラタウンに抜けるとあります)
TEL 011-205-2145
→白い恋人もじゃがポックルもまりもっこりも良いけれど。このきたキッチンに行ってみると道産の色んな食べ物がたくさんあります。
と言っても毛がにとかそういう類のものではなくて、美味しいチーズだとか生キャラメルだとかホタテマヨネーズだとか
白いプリンだとか。がっつりメジャーではないですが道民の私もたまに利用する北海道らしく、なおかつ美味しいものが集まっています。
地下鉄大通駅直結と言うこともあってアクセスも楽かなと。お時間ある方、お土産探しに行ってみては?